ファクタリングによる資金繰り改善

###Site Name###

最近の経済環境はアベノミクスの影響を受けて、大企業を中心に大幅な業績回復となっています。

一方で、中小企業は円安やコスト圧縮など厳しい経済環境となっています。


その中で、利益は出ているものの収支がマイナスで資金繰り不安となっている会社がたくさんあります。

一般的に企業が資金繰り不安に陥るケースは2通りあります。



ひとつは、銀行借入に伴う返済と企業が稼ぐことのできるキャッシュフローとが一致せず返済不能となる場合です。
これは銀行と相談することで、返済スケジュールを見直しして改善することができます。もうひとつは、買掛金と売掛金の期間が異なるために生じる資金繰り不安です。

これを解消するために、ファクタリングという手法があります。

ファクタリングの方法の情報が豊富です。

これはファクタリング会社に売掛債務を買い取ってもらい、早期に資金化する仕組です。もちろん、ファクタリング会社へ手数料の支払いなどがあるため、通常の入金金額と比較すると若干少なくなってしまいます。

しかしながら、売掛金の回収不能リスクを転嫁することができるため、資金繰り改善には大きく寄与します。

また、最近の銀行融資の際には、企業のキャッシュフローに注目してどれだけの返済原始があるのか分析するケースが多くなっています。


そのため、経営者は常にキャッシュマネジメントに注力して資金効率を高めておく必要があります。

ブログが話題になっています。

そのようにすることで、ひいては企業体力を高め中長期的に事業を継続できるようにしてくれます。